メニュー

ネットのビジネスに欠かせないもの

2013年8月22日 - 未分類

ネットビジネスを研究する上で欠かせないものがあります。 それはWEBマーケティングです。 まず、なにか事業を始めたとします。 商材の仕入れのルートも決まった。 じゃあホームページ作って売ろう! そんな考えだと失敗する確率が非常に高いです。 というか絶対といっていいほど失敗します。

ホームページをたちあげると物が売れる!と思ってる人はとても多く、 これだけ色んな競合店がひしめきあってる現在でも 「ホームページ作ったら売れるんでしょ?」と言われることは 頻繁にあります。でもそうじゃないんですよねー・・・

まず一つ覚えておいて頂きたい事は、ホームページは商品の価値を何倍にも 増長させるものではない、ということです。 ホームページは、その販売している(紹介している)商品の価値を±0で 正しく伝えるもの、なのです。つまり、その商品自体に魅力がないと意味がない。 しかし、実際に商品を見る場合は五感を使って判断します。 ホームページだと、視覚のみで判断することになります(動画などでは聴覚も使いますが) ということで、その分写真の見せ方、テキストの書き方などで、 足りない分を補強しなければならないのです。 そこをしっかりとした作りこみをすることによって、実際の商品の価値と±0で ホームページで伝えることができるのです。

では、±0だと作る意味ないんじゃないの?という方もいます。 しかし、ホームページはその特性上、店舗を実際に構えるのと違い 色んな地域の色んな人に見てもらうことができるのです。 つまり、ターゲットが非常に多いということです。 実際の有店舗では周辺に住む人だけがターゲットの商品でも インターネットで日本中、場合によっては世界中に販売することが 出来てしまうのです。これがネットの一番の利点ですね。